<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

楽譜には

今年のおかあさん大会に歌った曲は楽譜に書いてあることしかしていません。

ボディーパーカッションも手拍子も全て指定されています。

独自性は少ないとはいえ、なかなか出来ないのですが。

そして歌

LAS AMARILLAS の楽譜

冒頭には

 Hot-bloodedand haughty – a mixture of delight and disdain

“ 熱血と傲慢-喜びと軽蔑の混在 ”

中盤には

Feline,sly and supple,but keep stoking thefire

“猫のように おだやかでしなやかに しかし情熱は維持 ”

 Light,butstill sizzling

軽く しかし まだまだ焼けるように

終盤には

 Let thevocal intensity build effortlessly

“ 歌の強烈さを軽々と作る ”

訳 合ってますか?

ニコニコしている場合ではありません。

高飛車に睨みます!

日頃の温厚な私達にはハードル高い(苦笑い)

機嫌が悪いのではありません。ご容赦ください(汗)

お客さんには笑って欲しいのです!


抽選会があり出演順が決まりました。

8月26日(日)潔い 1 番 です!

2014には大阪府の大会で1番を経験済み。

抽選で全国大会に行かせてもらいましたからね、縁起のいい数字でございます~~


[PR]
by le_van | 2018-06-28 20:39 | 活動予定・報告 | Comments(0)

よもやま話

2月のレディースで演奏した2曲に加えて おかあさんコーラスの大会では
バスク地方(スペイン)の曲も歌いました。

Izar ederra (イサール エデッラ 美しい星)

バスク語の意味と発音は研究者の吉田先生にご教授いただきました。

愛する人を星にたとえ、

「私(恐らく男性)の心は美しい星(女性)のことでいっぱいだ 

心から愛している・・・・・」

と歌いあげます。

時間の関係で1番だけですが、2番では美しい花に例えて

とてもストレートに自分の想いを打ち明けます。

全国大会でも熱い想いがにじみ出るように歌い上げたいと思います。


さて、大阪大会の裏話

京都のフリシェスアイさんから教えていただいたメンバーが、事前にメイク講習会を

してくれました。ポイントは

 白ハイライトを効かせる

 アイラインをくっきり描く

眼ヂカラ半端ない! このまま電車には乗れない とか 打ち上げに行けないとか 

光ってんで~とか。。。

笑いながらも 「ステージではこれぐらいしてやっと見える」 と。

それと、

 おでこスッキリ 耳も出す

いっぱしの女優気取りでございました。

もちろんメイク落としてから電車に乗りましたよ。


カナダ土産の 緑カエルぬいぐるみリュック

お腹にはチュッパチャップスが入っていました。

(この写真ではツムツムが入ってます)

先生が気に入って大会当日もずっと連れ歩いていまして

リハーサルの時は指揮台の足元にお座り

本番中は舞台袖の机で団員のお茶ペットボトルのお守り。

で、ついた名前が 「ル・ス ヴァン」(留守番)ちゃん。

c0116814_08553337.jpg

大会の翌々日火曜日 いつも通り練習していると

大御所A 先生がお見えになり

(お向かいの部屋で練習しています)

「演奏見たよ~良かったよ~」

「おめでとう~~」

「松山、楽しんできて~~」 と

エールを送ってくださいました。嬉し!ありがとうございます!


頂いたキューピー人形(身長30センチ)は大阪独自の大会副賞らしいです。

(京都も兵庫ももらったことないと)

裸も可愛いけど衣装を着せてあげました。

寸胴だけど一応ダーツも入れて。

とってもキュートです💛

c0116814_08561241.jpg
c0116814_08565096.jpg

さて、次のミッションは

全国大会のプログラムに載せる写真をどうするか

来年のコンサートで歌う予定のマジャール語の曲の譜読み
(目も頭も追いつかない!正直フラフラ)
秋のコンクール自由曲譜読み もちろん課題曲も♪

[PR]
by le_van | 2018-06-16 09:27 | お知らせ・感想 | Comments(0)

ル・ヴァンのメンバーで作る日記です


by le_van