<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

本番を控えて

寒くて肩が凝ります。

エアコンで乾燥します。

運動不足です。 困るなぁ。


3月の本番に向けて順調に練習していますが、季節柄

家族がインフルエンザ や 孫が熱 などは仕方がありません。



HfJ ではコカリナさんと合同で2曲演奏します。


・女声合唱とピアノのための「雪崩のとき」最終曲

  Miserere nostri Domine 主よ 我らをあわれみたまえ   松下耕作曲


  舫の会の委嘱作品 まだ楽譜は出版されていません。石垣りんさんの戦争を題材とした3つの詩の後に終曲として「我らを憐みください、主よ」と歌うものです。 

  戦争に突入していった「国家・おおやけ」を信じていたおろかな私たち。

  サイパン島の崖から身を投げた女たち。

  平和という雪が積もった日常と、ほんの小さな「仕方がない」が周りの雪を巻き込んで雪崩となって戦争へと向かっていく怖さ。

  「我らを憐みください、主よ」 と歌うメロディーは静かで美しく、しみじみと心に沁みます。終盤「とこしえに乱れて危うくなりませんように」は教会の鐘が鳴り渡るようです。


・Dancing Day より Tomorrow shall be my dancing day     John Rutter 作曲

 17世紀以前から伝わる民謡を元に編曲された。11連ある詩の一部。イエスキリストの降誕の場面を歌っています。諸説あるようですが、恋人をダンスに誘うようなリズムが軽やかな曲です。


 


レディースコーラスの曲はまだまだ、

「この音歌ってるの誰?」(あ、先週変更になったんだった)

「△△さんは何してるの?」(ぼーっとしてないですよ!)

「なんでそんなことになったん?」(先生が言ったんですよ)

「ややこしいなぁ」(ほんまに)

パートを超えてお手伝いに行ったり

音符が増えたり

1ページ飛んだり

ああだこうだ、いろいろです。

私のパートはそんなに変更はないのですが

一度覚えたものを素早く上書き訂正するメンバーを「すごいなぁ」と思って尊敬しています。

振り付けが少し(本当に少し?)ある予定ですが、

先生が来てくださるのはもう少し先。

ル・ヴァンとしてははじめてお世話になる先生です。

わくわくします!
[PR]
by le_van | 2017-02-08 09:08 | 活動予定・報告 | Comments(0)

ル・ヴァンのメンバーで作る日記です


by le_van