<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新たなスタート

コンクールが終わり、ひと段落。
コンサートの練習からずーっとハードスケジュールでしたが、(通常練習では足りず追加の練習や強化合宿もありましたし)
ホッと一息・・・気分は。
でも
新しい曲の譜読みが始まりました。

3月のハーモニーフォージャパンで歌った「花こそは心のいこい」がはいっている「世界中の女たちよ」
反戦の3曲からなる合唱組曲です。
壮絶な場面の描写もある、胸に迫る詩、、、。
壮絶ではないけど反戦の願いがこもった詩も。

”世界中の女たちよ
鍋をかきまわせ
ハリーラ、サムゲタン、豚汁、ポトフー、ボルシチ、”

ハリーラとは・・・モロッコのスープ。レンズ豆、ヒヨコ豆、トマト、肉、細パスタ、香草(コリアンダー)などを煮込んだもの。
ラマダン(絶食月)の時によく食される(夜は食べてもいいので)。
日本の味噌汁のようにそれぞれの家庭の味。

鍋をかきまわすとどうなるかは・・・演奏を聴いていただくのがよろしいかと。


先日10/19の「題名のない音楽会」は東京混声合唱団でした。
音楽の教科書から消えてしまった曲の特集で、埴生の宿やローレライなどを演奏されました。
他にはフォスターの金髪のジェニー、草競馬、ケンタッキーの我が家、おおスザンナ、など。
昔は教科書に載せるような日本の歌があまり無く、外国の歌曲がたくさん採用されたそうです。
確かに、古典の時間に解説してもらわないと分からないような歌詞もあります。
私たちには懐かしい、ノスタルジーを感じる曲も、子供たちの世代にとっては聞いたことがない場合も。
ゆとり教育に移行する時に曲数を三分の一に減らさざるをえなかったという事情もあったようです。

こんなことを書いている私も、実は
大人のアレンジで歌う「日本の歌」やその続編(これまた譜読み開始)の歌の2番3番4番となると
知らないものがありました。
ノスタルジーも世代によってどんどん変わるのでしょうね。

しかし
若い世代に受け継いでほしいなら児童合唱団に歌わせても良かったのでは?
せっかく東京混声だったのだからもうちょっと本格的な合唱を聞きたかったです。(コンサートに行きたくなった!)
[PR]
by le_van | 2014-10-31 14:05 | Comments(0)

コンクール結果

台風で延期になった関西合唱コンクール。
天候にも恵まれ無事開催されました。

私たちは幸いにも全員で参加することができました。本番前に外会場で練習も
できましたし。銅賞いただきましたし。

室内合唱の部(24人まで)おかあさんは8団体のうち1団体が、一般は21団体中3団体が
辞退でした。

練習で丁寧に何度もやるとその時はうまくいくのですが・・・
期間が空いたりほかの曲をやったりするとまた後戻り・・・
なかなか本番で100点の演奏はできません・・・
集中力が・・・体力が・・・
もっと上手くなって楽しく歌いたいっ!
[PR]
by le_van | 2014-10-21 16:38 | Comments(0)

変更になりました

台風19号接近・通過に伴うお知らせ

台風19号の接近・通過に伴う交通機関の取りやめが発表されたため、
13日(月・祝)開催予定の、【室内合唱の部】を延期します。
※【同声合唱の部】は予定通り開催します。

10月19日(日)、会場は関西学院大学高中部礼拝堂に変更されました。
ル・ヴァン エレガンテの出場予定は、15:52です。

近畿直撃かもしれません。ご注意ください。

☆★☆

ル・ヴァンのメンバーはコンクールの後帰宅できないことを予想してホテルを予約したり
バタバタしていたのですが、いずれもキャンセルしました。
この時期に台風、しかもこんなに大型で非常に強いなんて。さっさと通り過ぎて欲しいものです。
被害が心配です…。
[PR]
by le_van | 2014-10-12 22:58 | Comments(0)

ル・ヴァンのメンバーで作る日記です


by le_van