HfJ に向けて

1月があっという間に終わり、節分も終わり、立春を迎えました。
暖かくなるのはまだ先ですが、お花が咲きだすとなんだか気分が上がりますね。

歌のほうは…いろいろと練習する曲があり、だいぶん慣れてきたかな~というところでしょうか。
これからガンガン歌いこんで、テンションあげて、本番に臨みたいです。

日本語だから簡単というわけは無く、気持ちと体と息と耳のバランス、全体の調和、理解、
集中して、神経を研ぎ澄ませて、、、。

3月6日(日)のHarmony for Japan ではフリシェス・アイさんと合同「女声合唱団 結(ゆい)」として、出演します。
信長貴富作曲 「百年後」、 詩はノーベル文学賞を受賞したインドの詩人タゴール。

タゴールさんのことも少し勉強しました。(ル・ヴァンババンバンNo.5)

数回の合同練習でたくさんのものを吸収して、
せっかくのジョイントですから楽しんで、
聴いてくださる方にも心を運べますように。

"今日の春の 歓喜(よろこび)のあいさつを
わたしは その人に送る
わたしの春の歌が 
君の春の日に こだましますように
いまから百年後に"


芦田宏子編曲 「さくら」 も歌いますよ!




c0116814_212890.png
[PR]
by le_van | 2016-02-04 21:05 | 活動予定・報告 | Comments(0)

ル・ヴァンのメンバーで作る日記です


by le_van